who

サクマキヨタカ
カメラマン

 

1990年6月生まれ

大学生の頃にカメラに触れる。

初めての撮影でダウン症の赤ちゃんを撮影し

「大事なお子さんの命を撮影している」ということに気づいた。

撮影終了し、車のルームミラーを確認すると

お母さんが赤ちゃんを抱っこしたまま深くお辞儀していた。その瞬間を見て

「写真を通して人が喜ぶこと、感動すること、楽しんでもらえることをやろう」

と思い、人と人を繋ぐスタジオフォト、ブライダルフォトを始めた。

現在はスタジオでのファミリーフォト、プロフィール・婚活用撮影、婚礼スナップ

ロケーションフォト、出張撮影など人に関わる写真撮影を行っている。

また、動画撮影・編集も行なっており

結婚式の後日納品ダイジェスト、プロフィールムービー、

ミュージックビデオ、観光協会等の映像撮影も行なっている。